高校留学の情報はここから!

高校生のニュージーランド留学の費用計算は移動にかかるお金もしっかり考えましょう

高校生のニュージーランド留学の費用計算は移動にかかるお金もしっかり考えましょう 高校留学を行う上では海外の学校に支払う学費を始めとして、様々な費用が発生します。
その中で見過ごしてはいけないのが移動費です。
ニュージーランドに留学時する際は、当然ながら飛行機で現地まで行くことになります まずそのために必要なものがパスポートです。
パスポートの発行費用は有効期限が5年間の場合は、手数料と収入印紙をそれぞれ合わせて11000円です。
次は渡航に必要な航空券を手に入れます。
こちらは往復券を購入すれば比較的安くできます。
往復券には帰国日が設定されているFIX、一年間有効で帰国日が固定されていないオープン、一回だけ帰国日の変更が可能なFIXとオープンが組み合わさった方式があります。
1年の短期留学で日取りが固定できないならオープン、日取りを固定できるならFIXが有効でしょう。
組み合わせ方式の価格は比較的高くなります。
なお、往復チケットの相場は約95000円から122000円です。
片道チケットでもセールや時期を見極めれば安く手に入る場合もあります。
そして、もう一つ考えなければならないのが現地での通学費です。
どれだけお金がかかるのかは現地で初めてはっきりわかる部分かもしれません。
それも判明次第、足りない分をしっかりプラスします。
このように、高校留学は移動費もそれなりに掛かります。
そのため、できるだけ良いタイミングで適切なチケットを入手していきましょう。

ニュージーランドへの高校留学費用を抑えるには飛行機選びが重要です

ニュージーランドへの高校留学費用を抑えるには飛行機選びが重要です 高校留学先として人気のあるニュージーランドは治安が良い割りに生活費や学費が安く、少しでもコストを削減してサポートしてくれる家族の負担を抑えたい場合にも嬉しい留学先です。
他方で、安いといっても普通に日本で学校へいくより必ずお金がかかるので費用削減はできる限りしたく、その手段として検討の価値があるのが飛行機選びです。
一般的は直行便で渡航することが多いですが、途中の東南アジア諸国などで乗り継ぐ経由便を利用することで数万円単位で校区運賃が安くなる場合があり、時間はあるけどお金を節約したいケースが多い高校留学の学生にはとてもおすすめです。
年単位で留学する場合は、休み期間中に帰国するケースがありますが、何度も日本とニュージーランドを往復することで費用が嵩むところ、飛行機選びを少し工夫するだけで経済的な負担を和らげてくれます。
また経由便を利用することで、経由地で観光を楽しむことができるなどのメリットがありおすすめです。

新着情報

◎2020/11/16

留学費用はバイトで賄える?
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

留学中にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「ニュージーランド 飛行機」
に関連するツイート
Twitter